FC2ブログ

エミの「ちょっとピンボケ」

 ~女性のためのリラクゼーションのお店「Ruhe」と愛する大船と家族との日常などなど。
TOP旅行 ≫ 天橋立★宮津教会★

天橋立★宮津教会★

メニューはこちら 店内の様子と施術の流れ 場所・アクセス 9:30~21:00
3月のお休み 8日 19日 20日 21日 22日
P2012_0321_124410.jpg

天橋立からの帰り道、主人がどうしても行きたいという宮津カトリック教会へ。
この教会はフランス人のルイ・ルラーブ神父が1896(明治29)年に造った木造の教会で、毎週ミサの捧げられる現役の聖堂としては、日本で最も古いものとされています。
 内部の床は畳敷きという和洋折衷のロマネスク風様式の教会、堂内を明るく照らすステンドグラスはフランスから輸入したもので、1280枚あります。との観光案内。

私たちが見学をしていると、信者の男性が詳しく説明してくださいました。
日本人に合うように神父様が、畳敷きにされたこと、窓のステンドガラスも日本に合うよう引き戸になっていること
国が重要文化財に指定したいのだけど、我々信者は国にとられるような気がしてずっと反対していることなど等
面白い話が聞けました。
中でも細川ガラシャの話が、大変興味深かったのです。
細川ガラシャは、晩年この丹後の地に幽閉されていたようなのですが、その彼女がこれから300年後に
大聖堂が出来ると言っていたとかいないとか、それから調度300年たってこの教会は建っているんです、と信者の方は話してくださいました。
何故、丹後なのか、なぜフランスから神父様は丹後の地で布教をしたのか、
この話が何とも気になるのです。
私が探しに行った真名井神社とこの教会は調べれば繋がってしまうのではないかな、と。
この見解は主人も同じで、そんなことから歴史をもっと勉強すれば良かった、と今更ながら思う今日このごろ。
でも、しょせんは学校での勉強は表の話。
細かいところまでは、結局のところ自分で勉強するしかありませんね。

こちらからispotの口コミをご覧いただけます ispot お客様からの声 

ご予約はこちら(PC用)
携帯からのご予約はこちら

 メニュー・料金
 アクセス
 店内の様子と施術の流れ
 ご予約お問い合わせ
 メールフォーム
 tel: 090-2542-7534
 営業時間 9:30 ~ 21:00


↓ランキング参加中です、応援宜しくお願いします
にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村  

ボランティアプラットフォーム



スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL